2008年07月28日

バックハンド練習法


昨日、一年発起、今年後半のテーマは、

バックハンド

と、決めたまでは、良いですが、多々、問題があります。

1.バックハンドの練習法
2.バックハンドとテニス肘

バックハンドは、テニスサーブ練習と異なり、一人黙々と練習するイメージが、わきません。
素振りも、いまいちで、やはり、「バックハンドストロークで、お互いに打ち合う!」が、イメージにあります。

すると、相手が要ります。
また、テニスサーブの時のような、サーブスイング形成と言った、具体的な成果イメージも、わいていません。

こういう状態での、練習は、決して、良くありません。
やはり、練習を通しての、最終成果イメージを、しっかりと描いた上での練習が、効果百倍です。

もう一つ考慮する点は、バックハンドエルボーです。
バックハンドは、テニス肘罹患の要因に、大きなウェイトを持っています。

下手に練習をすると、肘を痛めます。

今週は、練習成果イメージを具現化した、バックハンド練習法のイメージアップに努める予定です!
|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニスバックハンド

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。