2008年04月06日

K5 108 / n5 FORCE 110


現在、私が使用している Wilson n5 110 のK Factor 後継モデル、

Wison K Factor K5 108

が、発売されました。
トライアド構造も、継承されています。

K Factor シリーズでは、K3 115 が、唯一、トライアド構造でしたが、K5 108, K5 98 の2本に、トライアド、採用されています。

また、K5 108 発売に伴い、n code での n5 110 後継モデル、

Wilson(ウイルソン) n5 FORCE 110

が、廉価版ラケットとなりました。

衝動買いしそうランキングでは、一番です。

しかし、K Factor K5 108 も捨てがたく、思案中!!


|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 10:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニスラケット

2007年09月15日

n4 111 vs n5 110


n Code (n コード)ラケットは、ウィルソン旧モデルです。
今は、K Factor (K ファクター)です。
しかし、n Code は、私の愛用ラケットです。

n5 110 と n4 111 のお話は、「テニスと肘とテニス肘」ブログで、色々、紹介させて頂いております。

ご記憶の良い読者であれば、現在、私の使用ラケットは、n5 110 と思っておられる筈です。

しかし、先週の日曜日の、自宅近くでのサーブ練習から、n4 111 を使用しています。
今日のスクールも、n4 111 です。

確かに、n5 110 の「球乗り感覚」は、n4 111 では、味得ません。
しかし、n4 111 の軽量、打球感、サーブのしやすさも、すてきれません。

最近、やや、テニス全体に不調感がありましたので、気分転換も込めて、先週から、ラケット、変えてます。

道具をとやかく言える、技術レベルではありません。

しかし、楽しくテニスをする観点でも、是非、お気に入りのラケットは、最低、2本ぐらいある方が、良いと思います。

気分転換になります!

お持ちでない方は、検討を、おすすめします。
|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 20:58 | テニスラケット

2007年09月11日

ウィルソン n1 115 / ウィルソン n コード


「ウィルソン / Kファクター&nコード」の記事で、

ウィルソン・テニスラケットの新シリーズは、「(K) Factor」(Kファクター)です。
「nCode」(nコード)の進化版です。

と、お伝えしました。

その心は、

「nCode」(nコード)シリーズの旧モデルが、廉価版で出てこないかの期待です。

漸く、一つ見つけました。

ウィルソン n1 115

です。

値段は、現在、12,800円です。
以前に比べると、下がりました。

n1 115 テニスラケットは、私のテニススクールで、2名、夫婦で使用されてますし、友人の女性も使用しています。
結構、人気のあるテニスラケットです。

残念ながら、グリップサイズは、3のみです。

n1 115 ファンは、購入チャンスです。

ウイルソン(Wilson) n1 115

私の期待テニスラケット「n5 110 FORCE」 は、残念ながら下がっておりません。
|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 21:54 | テニスラケット

2007年07月18日

ウィルソン / Kファクター&nコード


ウィルソン・テニスラケットの新シリーズは、「(K) Factor」(Kファクター)です。
「nCode」(nコード)の進化版です。

プリンス・テニスラケットで言えば、、「O−Port」(オーポート)から、「Speed Port」(スピードポート)ですか!

今日の話題は、廉価版旧モデルラケットです。

「nCode」(nコード)は、すでに旧モデルです。

私の購入済みラケット、n4 111, n5 110 (Heavy)、共に、旧モデル廉価版で購入しました。
ガット貼りを含めて、約10,000円強で、購入可能でした。

「(K) Factor」(Kファクター)シリーズが、かなり出てきたので、そろそろ、「nCode」(nコード)シリーズの旧モデルが、廉価版で出てこないかと期待してますが、出ませんね!

特に、n5 110 FORCE を、期待してますが、出ません!

と言うよりは、インターネットでのテニスラケット販売で、すでに、nCodeシリーズも在庫無しかも知れません。

残念ですが!!

私と同じ期待をしている方々へ、情報提供です。

しかし、出るかも知れません。
期待しましょう!!
|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 22:35 | テニスラケット

2007年06月30日

プリンス / スピードポート


プリンスラケットの構造のお話です。

プリンスラケットは、私のテニス肘原因の一つでした。
正確には、プリンス・フォース 3 ツアー Ti (Price Force Tour 3 Ti) + ガットテンション(62) 。

プリンスのラケットが悪いのではなく、不適切なラケット選択 + ガットテンションによるものです。
決して、プリンスラケットを否定するものでは、ありません。

プリンスラケットは、私のお気に入りのラケットブランドの一つです。

さて、スピードポートのお話です。
oport.jpg
最近のプリンスラケットを見てみると、テニスラケットフレームの上下左右に、丸い穴、開いてません?

テニススクールで、この穴の開いているプリンスラケットを使用している人を見て、

「あの穴、何かなー?」

と、不思議に思っていました。


プリンスラケットでは、この穴を、「O−Port」(オーポート)と呼び、

1. Sweet Spot : スィートスポット拡大(約54%)、打球感柔らかく快適
2. Speed : 空気抵抗軽減、スウィングスピードアップ
3. Stability : 面安定性向上

の3つの特徴があるそうです。

「Speed Port」(スピードポート)とは?

プリンス曰く、「O-Port」の格段の進化版だそうです。

具体的には、穴の形状が、"丸い穴"から"四角い穴"です。
ラケットに対して、穴を"丸"から"四角"に変更する事で、「O-Port」を超えるそうです。

私のラケット選択の持論は、「実際に、打ってみないと、わからない」です。
実際に、プリンスの穴ありラケット、打ったことありませんので、何とも言えません!!

現在は、ウィルソン(Wilson) n5 110 (Heavy)を、使用しています。
その前2ヶ月は、ウィルソン n4 111 を、試しに使用しましたが、
また、元の n5 110 に戻しました。

詳細は、モノフィラメントガットとマルチフィラメントガット

最近のプリンスラケットの穴、興味ありましたので、ご紹介まで!!
|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 09:14 | テニスラケット

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。