2012年01月08日

テニスラケット / 国内仕様 / 海外仕様 (3)


昨日と本日、連続して、テニススクールに、参加しました。
2,012年、テニス初めです。

テニスラケットは、昨年のお正月に、ネット経由、中国直接購入ラケット、

Wilson BLX Six One Lite 102

の国内正規版です。

テニスラケット / 国内仕様 / 海外仕様 (2)で、記述しましたが、中国直輸入版と、国内正規版では、仕様が微妙に違います。

購入した時の、中国セラーのもの言いでは、ヨーロッパ仕様だそうです。

以前にも、ブログしましたが、中国版も悪くなく、1年楽しめました。

しかし、例の衝動買い + 国内正規版との違いへの興味 から、正規版を、新古ラケットで、購入してしまった次第!

それもあり、今年は、国内正規版 Wilson BLX Six One Lite 102 で、楽しむことにしました。

ガットも、同じであれば、非常に良いのですが、残念ながら、ガットテンション、マルチフィラメント構造は同じも、ブランドは違います。

まだ、使用2日目で、昨日に比べて、本日の方が調子が良いです。
使った感じでは、、硬く感じています。
ガットの違いも、要因の一つかもしれません。

大きく感じる違いは、サーブです。
サーブでは、フラットサーブは、国内版の方が、良いです。
しかし、スライスは、中国版です。
これは、ラッケトの慣れへの、問題と考えています。

何れにせよ、60歳代テニスの始まり元年です。
新しいラッケトと共に、決意を新たに、がんばります。



|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニスラケット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。