2011年10月27日

テニスラケット / 国内仕様 / 海外仕様 (2)


現在使用しているラケットは、年頭にインターネット経由で、中国から直接購入した、

Wilson BLX Six One Lite 102

です。

直接購入したお話は、年頭のブログ、Wilson Six One Light BLX 102 / 最安値 (4)に、記述しました。

購入後、グリップ、ガット等交換して、継続使用しています。

国内仕様と海外仕様の違いに興味があり、また、例の衝動買いで、国内仕様の同じラケット、新古品ですが、購入しました。

新古品については、テニスラケット / 価格相場を、参照下さい。

購入して改めて、仕様を良く見ると、微妙に違います。
また、その違いが、打感、使い勝手にも、影響するようです。

以下は、ラケットに記載している、仕様数値と違いです。
左側 / 国内版、右側 / 海外版 です。

1. Weight : 249g / 249g
2. Balance : 33.7cm / 33.5cm
3. Rec. Tension : 53-63 / 50-60
4. Length : 27.25inch / 27.00inch
5. フレーム厚 : 国内版の方が、幾分、細い
6. 塗装 : ほぼ、同じ
7. グリップ : 国内版の方が、品質ベター
8. ラケット重量感 : 軽い / 重い

が、主要な点です。

国内版にも、現在貼ってあるガットと同じ、

マルチフィラメント、50ポンド

で、貼りましたので、今後、実際に使用した場合の違いを、ブログする予定です。


|スポンサードリンク|
posted by ブルーアイズ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | テニスラケット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。